sk8hiroのアニメブログ

アニメの紹介、考察を中心に更新していきます!

【Angel beats!】涙腺崩壊 名作アニメ! エンジェルビーツを見て人生を見直す!(ネタバレあり)

 

Angel beats! エンジェルビーツ!

今回は泣けるアニメが好きな僕にとって、ベスト5に入る感動アニメを紹介します。

(ちなみに僕にとって泣けるアニメナンバーワンは「クラナド」です。前回のブログで紹介しているので、読んでいただけると幸いです!)

アニメ好きなら見たことがある人は多いでしょうエンジェルビーツです!

f:id:sk8hiro:20190612151207j:image出典:Angel Beats!オフィシャルサイト:https://www.angelbeats.jp/bd_dvd/box.html

 

エンジェルビーツは、「CLANNAD」「AIR」「リトルバスターズ!」などの名作アニメを生みだしたKeyによって製作されたアニメです。感動アニメを語るには外せないKeyアニメの代表作の一つと言えるでしょう。涙なしには見れません!

 

あらすじ

ある日、見知らぬ学校の敷地で目覚めた少年・音無(おとなし)は、そこで、ゆりと名乗る少女に声を掛けられる。
彼女は「ここは死後の世界」「自分たちは神に抗い、その神の使い・天使と日夜戦っている」のだと告げながら、構えるライフルの照準を天使に向けていた。
その余りに現実離れした光景と言動が理解できなかった音無は、ゆりの元を離れ、天使と呼ばれる可憐な少女に声を掛ける。
だが、その少女からも「ここは死後の世界」だと訳の分からない説明を受けた音無は、声を荒らげてその証拠を求める。
そして、その少女の手から伸びた光の刃に、胸をひと突きにされてしまう……。

https://www.angelbeats.jp/story2/ Angel beats!公式サイトより引用

 

エンジェルビーツの魅力

エンジェルビーツのの魅力は13話でしっかりと感動させられるところだと思います。

内容はとてもコンパクトに収まりつつ、名シーンが何か所もあります。

このブログから、エンジェルビーツを見てくれる方がいることを願っているので内容の説明はしませんが、

一番の名シーンは10話の「俺が結婚してやんよ」でしょう。

僕は今、何話のシーンか思い出すために見返してるだけなのに目が潤んでしまいました(笑)

このシーンは挿入曲が、かの有名なLiSAさんが歌う「一番の宝物」なんですよ~

曲の歌詞がアニメのキャラクターに重なるのでより感動してしまいます。

他の挿入曲やOP、EDともに神曲なのもこのアニメの魅力でしょう。

(僕は最近エンジェルビーツのコンプリートアルバムを購入しました!)

 

まとめ

僕はKey作品のアニメがものすごく好きです。

老若男女問わずKey作品をおすすめしたいのですが、キャラクターデザインが特徴的だったり、ギャグセンスに馴染めない方もいると思います。

3クールや4クールの作品もあり手を出しにくいものが多いでしょう。(1クール=12話)

そこで、Keyアニメの入門編としてエンジェルビーツを見ていただきたい!

・有名なOP

・アニメ内のバンド「ガルデモ」の曲が格好良い。

・短めのストーリーかつ、感動シーン多数

・馴染みやすいキャラクターデザイン

・天使ちゃんかわいい(笑)

以上より、入門編として不足はないでしょう。

一押しアニメAngel beats!ぜひご覧ください!