sk8hiroのアニメブログ

アニメの紹介、考察を中心に更新していきます!

【エルフェンリート】グロいが奥が深い。秘めた名作 (ネタバレあり)

エルフェンリート

皆さん!エルフェンリートと言うアニメを知っていますか?

アニメ評価サイトではかなりの高評価に対して、知名度は低めだと思います。(アニこれより参照) 

今回は、ヤングジャンプ原作のバイオレンスアニメ。エルフェンリートを紹介します。

f:id:sk8hiro:20190612150903j:imageAT-X https://www.at-x.com/program/detail/1729より引用

あらすじ

側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に極秘機密として隔離され、研究されていた。
ある日、研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは拘束を破り、警備兵や、その他関係者を残虐に殺害し研究所から脱走した。

大学に通うため親戚を頼りに鎌倉にやってきた青年・コウタはいとこのユカと共に由比ヶ浜を訪れ、偶然そこに流れ着いたルーシーに出会った。ルーシーは逃げ出す際頭部に撃たれた銃弾の衝撃で、記憶を失い人格が分裂して全く別の人格に入れ替わってしまっていた。「にゅうにゅう」としかしゃべることの出来ない彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させられる存在とは知らずに、コウタが住む楓荘に連れて行き、一緒に暮らす事になるのだが...

エルフェンリートの魅力

・にゅうことルーシーの可愛さ

母性本能をくすぐられ、守りたくなるような存在です!男の僕が母性本能くすぐられるくらいの愛おしさ(笑)

・ルーシーの過去

ルーシーによる残虐な殺害シーンが有名ですが、ルーシーがそのような行動を起こす理由は、辛い過去にあります。

しかし、辛い過去にも暖かい思い出があります。少ない思い出を糧に、自分にとって居心地が悪く、いつでも壊せる世界で生き抜くルーシーの強さに圧倒されます。

・エログロにする必要はあったのか

結論から言うとグロがあるからこそ魅力的なアニメだと思います。

例えば、グロいシーンを無くしてしまうとルーシーの生きづらさや、悲しい過去を表現できなくなるでしょう。

グロいシーンがメーンでは無いが、その描写があったからこそ生み出せた悲しみや、救えない現実があったのだと思います。

まとめ

ネタバレの多い考察になってしまいました。

エルフェンリートはエログロ作品としのイメージが強く、アニメが好きでも見たことが無い方が多いと思います。

僕自身アニメにハマってから数年経ちますが視聴したのは最近です。

しかし、いざ見始めるとエルフェンリートの魅力に引き込まれてしまいました。13話で完結するアニメですので、見始めてしまえばすぐに見終わってしまうでしょう。

グロいシーンが苦手な方にはオススメできかねますが、あまり抵抗の無い方には是非見て欲しいアニメです。

ただのグロアニメでは無く、悲しいけど暖かいストーリーに魅了されること間違いないです!