sk8hiroのアニメブログ

アニメの紹介、考察を中心に更新していきます!

【リトルバスターズ!】熱い「友情」に涙腺崩壊 最高の青春アニメ!

リトルバスターズ!

こんにちは!今回紹介するのはリトルバスターズ!というアニメです。このアニメも僕が大好きなゲームブランドKeyの作品です。他のKeyアニメや泣けるアニメもブログで紹介してるのでそちらもぜひご覧ください!

f:id:sk8hiro:20190616185858j:plain

リトルバスターズ!~Refrain~公式サイトhttp://litbus-anime.com/refrain/index.html#vaTopより引用

 

リトルバスターズ!とは

2007年にゲームブランドKeyが発売した恋愛アドベンチャーゲームから始まります。一般的には「リトバス」という略称で呼ばれることが多いです。

今回紹介するのは2012年に公開された「リトルバスターズ!」と、2013年に公開された「リトルバスターズ!~Refrain~」です。

人とのつながりを描いてきたKeyブランド。この作品では「友情」がテーマとなっています。

あらすじ

「きょーすけが帰ってきたぞーっ!」同じ学園の寮で生活している理樹と幼なじみたち。 就職活動中の恭介が寮に帰ってきて、幼い頃から続いてきたお祭り騒ぎの日常も戻ってきた。 いつまでもこんな時間が続けばいいのに――そう願う理樹は、リーダーの恭介が何かわくわくすることを始めるのを期待していた。そこで恭介は「いましかできないことをしよう」と思いつき、野球チーム「リトルバスターズ」を結成! そして、人見知りの鈴が女子寮でメンバー集めをさせられることに……。 リトルバスターズ!公式サイトhttp://litbus-anime.com/lb/story/index.htmlより引用

 1話のあらすじだけだとあまり内容がわからないので軽く説明します。(ネタバレあり)

主人公の理樹は幼いころに幼馴染の友人たちと正義の味方をうたったチーム「リトルバスターズ」を結成しました。

時は流れ皆高校生になった。ある日理樹は「リトルバスターズ」のメンバーに「昔のように何かしよう」と誘われました。近くにあった野球ボールを拾ったリーダー「恭介」が言った「野球チームを作ろう。チーム名はリトルバスターズだ」と...。

最初は5人しかメンバーがいなかったが、次第にメンバーが増えていき無事野球チームを作ることができた。

考察

野球チームを作り試合をするまでのストーリーが「リトルバスターズ!」(26話)です。1期にもたくさんの感動エピソードがあり、「友情」の美しさを感じ、何度か涙を流しました。

5人しかいなかったメンバーも皆の努力により集まり、野球チームを作ることができました。最初はか弱かった理樹やヒロインの「鈴」も努力によりたくましく成長していきます。

そして、試合前日リーダーの恭介により「お前が新しいリーダーだ」と告げられます。実は野球チームを作ったのには理樹と鈴を強くさせ、自立させるという目的があったのです。理樹を強くさせるために、他のメンバーは強く当たったり、突き放すことが多々ありました。理樹は確かに強くなりました。

しかし、リーダーである恭介がいるのになぜ理樹はこんなにも努力する必要があったのか...。

そのすべての理由が2期の「リトルバスターズ!~Refrain~」で語られます。

感想

「リトルバスターズ!~Refrain~」を見終わり、野球チームのリトルバスターズがやってきたことの意味を知り涙が止まりませんでした。

リトルバスターズ!の「友情」は普通のスポーツアニメとは重みが違うと感じました。

他のスポーツアニメも大好きな作品はいっぱいありますが、僕は普通の青春とは違う「リトルバスターズ!」シリーズに胸を撃たれました。今、内容を思い出しながら記事を書いているだけで涙が出てきそうです。

この機会に僕自身も、もう一度「リトルバスターズ!」シリーズを見直してみようと思いました。

まとめ

「リトルバスターズ!」シリーズの魅力はしかっり伝わりましたか?

1期が26話、2期が13話の、全39話の「リトルバスターズ!」シリーズ。少し長めですが内容は詰まっています。感動エピソードだけではなく、リトバスメンバーによるギャグコメディもたくさんあり、見飽きることはないでしょう。

前半の青春の物語があるからこそ後半の、すべての理由を知る話で感動すること間違いないでしょう。

他のKeyアニメと比べると、親しみやすい絵柄ですので初めてのKeyアニメにもおすすめです。

是非、「リトルバスターズ!」シリーズをみて「友情」「青春」「愛情」を感じてほしいです!